レポート
2024.06.17

アフリカ・ソマリア沖で海賊対策 海上自衛隊の護衛艦が出港 🚢

海上自衛隊の護衛艦が、アフリカ・ソマリア沖で海賊対策にあたるため3日朝、現地に向け出港しました。

出国行事では、指揮官で 護衛艦「さみだれ」の古賀直樹 艦長が、出国報告をしました。

海上自衛隊は海賊対処法に基づき、2009年から水上部隊を派遣して船舶の護衛を始めました。

今回で48回目の派遣となり、これまでに延べおよそ4000隻以上の船舶を護衛したということです。

乗組員は、家族や隊員らの見送りを受け👋👋、アデン湾へ向け出港しました。

\ 記事をシェアしよう /
X LINE ニュースを共有

関連リンク

海上自衛隊と海上保安庁が「災害」を想定した合同訓練を実施
レポート
2024.07.03

海上自衛隊と海上保安庁が「災害」を想定した合同訓練を実施

広島の「瀬戸内さかな」🐟 こだわりの漁師と料理人で発信へ 夏の “海の幸” を紹介
レポート
2024.07.02

広島の「瀬戸内さかな」🐟 こだわりの漁師と料理人で発信へ 夏の “海の幸” を紹介

ページ内トップへ