海ごみゼロアワード

海ごみゼロアワード2020募集中!

海ごみゼロアワード2020募集のお知らせです。 海洋ご…
詳細を見る
海に囲まれた日本。広島県は、穏やかな海と折り重なるように見える島々とが織りなす“多島美”が魅力の瀬戸内海に面しています。
浅瀬が多く、海底まで光が届くためプランクトンが発生しやすく、カキ、タコをはじめとした海の幸も有名です。
「しまなみ海道」で瀬戸内の絶景に出会うサイクリングも人気です。
「海と日本プロジェクトin広島県」では、そんな広島県の海の今を伝えることで皆さんに興味を持ってもらい、
海と共生するムーブメントを起こすことを目的に活動しています。

最近の記事

お知らせ

海と日本5

2020-12-7

レモンで養殖「ブランドブリ」出荷スタート!

寒くなってくるとおいしくなる魚といえば・・・ブリです!レモンで育てたブリの出荷が広島県大竹市でスタートしました。レモンといえば、日本一の生産量を誇る広島の特産品。レモン果汁をえさに混ぜて養殖すると、くさみが少なく、脂がのっていてもしつこくなくさっぱりした味で、鮮度が長持ちする…
詳細を見る

イベント

1

2020-9-18

「秋の海ごみゼロウィーク」全国をオンラインでつないでスタート!

全国一斉清掃キャンペーン「海ごみゼロウィーク」の初日となる12日、キックオフイベントが開催され、全国の会場をオンラインでつなぎ、盛り上げました!本来ならこのイベントに合わせて、約130名の参加者と一緒に広島市内を流れる6本の川のうちの1つ、天満川に入って川の清掃を行う予定でしたが、大雨警…
詳細を見る

レポート

202103海と日本PROJECT1 (1)

2021-3-19

マリーナホップに海ごみ啓発アニメ上映コーナー設置

今や世界的な社会問題となっている海ごみについて 広い世代が一緒に考えるきっかけとなるアニメが完成し、 広島市内の水族館に紹介コーナーが設けられました。 広島市西区のマリーナホップの中にある『マリホ水族館』で上映されているのは、 日本財団が『海の未来を変える挑戦 チェンジ・フォー・ザ・ブル…
詳細を見る

番組情報

51-1

2021-2-10

漁師たちの熱い想いから誕生した新たな名産

今回の海魅人は、福山市内海町横島の漁師、三谷忠さんと村上正さん。三谷さんたち漁師の皆さんが「新たな名産にしたい」と立ち上がり、2年前にスタートさせたのが、福山では珍しいカキの養殖です。横島の海は海流が穏やかで、カキの養殖には絶好の場所。ひとつのイカダで、およそ6万個のカキが獲れるそうです…
詳細を見る
ページ上部へ戻る
海と日本PROJECT in 広島
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://hiroshima.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://hiroshima.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 広島</a></iframe><script src="https://hiroshima.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>