呉のソウルフード「がんす」~ぶら島太郎の海魅人に会いたい!season3

2018-12-25
海と日本PROJECT in 広島

今回は呉のソウルフードとも言われる海グルメをご紹介。

呉市にある水産加工会社・三宅水産は創業70年。
カマボコの製造販売をしています。

呉市広の蒲鉾店で昔から親しまれてきた商品が「がんす」。
「~でございます」という意味の広島弁「~がんす」が名前の由来です。

三宅のがんすは、魚のすり身にタマネギ、トウガラシを練り込み、
パン粉をつけてフライにしたもの。
ピリッとした辛さがクセになるといいます。

港町で生まれた「がんす」で地元を元気に。
広島の味として全国へ広まっているがんすを
さらに世界へ広めていきたい-
それが生産者の願いです。

関連リンク

ページ上部へ戻る