menu

学生が小イワシのパスタソース開発・試食会

広島湾特産の小イワシを、魚離れが進む若者にも親しんでもらおうと、

広島市の大学生が新たな食品を開発しました。

新商品のレトルト食品として披露されたのは「小イワシとうめのさっぱりパスタソース」です。

広島市の水産物卸売会社「広島魚市場」が開いた冬の商品の展示会で披露されました。

開発したのは食品の製造を研究している、広島工業大学食品生命科学科の角川研究室です。

きっかけは、去年「広島魚市場」の関連会社「フレッシュヒロウオ」から、

『若者の魚離れが進む中魚を使った新商品を考えてほしい』という、依頼でした。

若者向きの商品ということで、パスタソースを作ることにしましたが、

味の調整に苦労したそうです。

今後は賞味期限のテストをして、商品の安定性が確認されれば、

「フレッシュヒロウオ」から発売される予定です。

PAGE TOP