menu

「恋する灯台サミット」開催

日本財団と一般社団法人日本ロマンチスト協会が共同で実施する「恋する灯台プロジェクト」。

11月1日の「灯台記念日」に「恋する灯台のまち」認定自治体関係者等が集まり、

「恋する灯台サミット」が開催されました。 
 
「恋する灯台プロジェクト」では、全国数ある灯台の中から、
海とのコントラストを織りなす絶景を映しだし、

海への想いやロマンを掻き立ててくれる灯台を「恋する灯台」と呼び、

2016年、2017年と、全国30エリア31灯台を認定しています。

広島県内からは去年、竹原市の大久野島灯台が選ばれたのに続き、ことし、三原市の佐木島灯台が仲間入りしました。

サミットではこれまでにない灯台の活かし方や新たな発想について、

プレゼンテーションやパネルディスカッションを開催。


認定自治体同士が広域的に連携し、情報や知恵、ネットワークを共有するための

「恋する灯台プラットフォーム(仮称)」の形成が提案されました。

また、ディスカッションでは地域の海の魅力をさまざまな人に伝え、多くの人たちが訪れ、

海に想いを馳せる場所にしていくため、灯台とドローン、婚活企画、

プロジェクションマッピングといった、これまでにはない視点と切り口から、

灯台と海の魅力について議論が行われました。

サミットに参加した三原市の吉川進経済部長は

「佐木島灯台が『恋する灯台』に認定され、新たな観光資源が生まれたと思っている。

今日のサミットで出たアイデアを地元に持ち帰って灯台の活用を話し合いたい」

と話していました。

恋する灯台サミット

PAGE TOP