ぶら島太郎の海魅人に会いたい!Season2 第23回

2017-12-13
海と日本PROJECT in 広島

今回の海魅人は三原市漁協の組合長、濵松照行さん。
 
三原の海はきれいなうえ、エサとなるエビやカニが多く、

タコが育つには絶好の環境。

そのタコを全国に発信しようと「三原やっこタコ」として売り出しています。
 
生き締めしたタコを真空パックし急速冷凍することで、
鮮度を保った状態でいつでもとれたてもおいしさで食べられるそうです。
 
タコのうま味と甘味がつまったやっさたこは、昔から漁協が取り組んできた「産卵事業」で守られてきました。
産卵期にはタコつぼをい海底に沈めて“すみか”を作り、その期間漁師は自主的に量を行わない、というもの。
 
「乱獲しない育てる量」でこれからも三原のタコを守っていきます。

関連リンク

ページ上部へ戻る