menu

海と日本プロジェクト 広島県内の市長にインタビュー!その⑨大竹市長

海が東側にある大竹市では、「日の出と海」の景色が魅力、と語る入山市長。

瀬戸内有数の工業地帯の大竹市では、海の環境が悪くなった時期もありましたが、今では昔の姿を取り戻しつつあります。

一方で、きれいになりすぎて海の栄養が足りないという課題があるそうです。
生物が繁殖できる環境づくりが大切といいます。

そんな大竹市では、広島県産レモンの果汁入りのえさで育てたハマチが新たな特産品となっており、今後が期待されます。

これからも海を利用した産業の発展を目指していきます。

PAGE TOP