menu

管弦祭

毎年旧暦6月17日に行われ、宮島ならではの、平安絵巻を思わせる優雅な祭りです。日本全国や海外から多くの観光客が訪れます。
平安時代の貴族が楽しんだ、河や池に船を浮かべる管絃の遊びを、平清盛が信仰していた宮島の神事にしたのが由来です。以来、瀬戸内海を代表する海の一大祭りになりました。大阪の天神祭、島根のホーランエンヤと共に日本三大船神事のひとつです。
厳島神社から御祭神を載せた御座船が管絃を奏で、対岸の地御前神社へと瀬戸内海を渡り、日没時に火が灯り雅楽や祝詞が始まる様子は幻想的です。御座船が宮島へ戻りフィナーレを迎え、御座船に触るとご利益があるとの言い伝えに、多くの人が集まります。歴史を感じる祭りを見に、ぜひ出かけてみては。

イベント名管弦祭
日程平成28年7月20日(水)
場所厳島神社および周辺
PAGE TOP