menu

朝鮮通信使の再現行列

日本と韓国の団体がユネスコの「世界の記憶」への登録を申請している

「朝鮮通信使」にちなんだイベントが、呉市の下蒲刈島で行われました。

朝鮮通信使は、江戸時代に12回来日した、朝鮮王朝の外交使節団です。

ソウルから東京までの道中で、下蒲刈島や福山市鞆町に立ち寄ったことが知られています。

ことしで15回目となる再現行列には、日韓両国のおよそ300人が参加。

雨が降る中、韓国の伝統衣装を身に着けて1.2キロの道のりを練り歩きました。

朝鮮通信使の関連資料については、日韓の民間団体が共同で

ユネスコの「世界の記憶」への登録を申請していて、

関係者は11月上旬ころにも登録される可能性があると期待を寄せています。

 

イベント名朝鮮通信使の再現行列
PAGE TOP